RISC-Vを次のステージへ牽引する

IAR Embedded Workbench for RISC-Vは

RISC-V向け開発ツール

Hyundai Mobis

Hyundai Mobis

"IAR Embedded Workbench®を選んだ理由は、開発者がシステム設計以外の作業に煩わされることのないようにしてくれる優れたデバッグ機能です。ユーザフレンドリな開発環境によって開発プラットフォームの共通化が可能になりました"

1977年の創業以来、Hyundai Mobisは世界6位の規模のオートモーティブ部品メーカとして、オートモーティブ向けモジュールおよび主要コンポーネントをグローバルオートモーティブ市場に出荷してきました。Hyundai Mobisは「2020 Global Top Tier」というビジョンのもと、世界1位のオートモーティブ部品メーカになるべくイノベーションを追及しています。 

第3次オートモーティブ革命と呼ばれるモジュラービジネスのリーディング企業として、Hyundai Mobisは先進的なモジュール製品の生産にフォーカスしています。それらのモジュールは自動車メーカの研究開発プロセスと同様に、初期の設計およびテスト段階から参加することによって自動車の特性に合わせたものにすることができます。また、Hyundai Mobisは来るべき自動運転システムの量産を実現する研究開発にもコミットしています。

更に、Hyundai Mobisは先進的なグラフィカルユーザインタフェース(GUI)を通じてAVN(オーディオ、ビデオ、ナビゲーション)を搭載した次世代のヒューマンマシンインタフェース(HMI)を備えた、高付加価値の自動車インフォテインメント(IVI)システムの開発にフォーカスしています。特に新たなMobility as a service(MaaS)ビジネスモデルに合致した高度な自動運転テクノロジの開発と同様に、最高のユーザ体験(UX)を提供するIVIシステムは、無人運転車およびAVNシステムの量産と共に必要となってきます。

Hyundai Mobis_pic1

- Hyundai Mobisのサウンドエンジニアリングチーム、エンジニアのコメント -

「IAR Embedded Workbenchは数多くある組込みプラットフォームおよびプロジェクトにおける開発環境の統合において、不要なエレメントを容易に減らすことが可能なため、開発作業効率が劇的に向上しました。」

 

安定性および効率が最適化された設計のオートモーティブ向け組込みシステムの開発段階における重要な要求のひとつが、多様なコード整合性の検証および効率的なシステム開発をサポートしてくれる統合開発環境(IDE)です。

Hyundai Mobisは、最上のインフォテインメントシステムを構築するための高品質なサウンドシステム設計のために、IARシステムズ製の統合開発環境(IDE)であるIAR Embedded Workbenchを導入しました。

Hyundai Mobisのサウンドエンジニアリングチームは、ユーザフレンドリで直観的に使用できるIAR Embedded Workbenchのツール優位性によって、開発作業効率向上させることが出来ました。

IAR Embedded Workbenchは今日の市場にある他のどんな統合開発環境よりも動作が高速なため開発期間の短縮に貢献しています。

Hyundai Mobis_pic2 

- Hyundai Mobisのサウンドエンジニアリングチーム、エンジニアのコメント -

「我々は次世代のプラットフォームとして、コスト効率の良さからNXP社のS32Kデバイスを採用しました。Armプロセッサコアに最適化されたIAR Embedded Workbenchは高信頼性かつ数多くの機能をサポートしているツールで、その全てに迅速でプロフェッショナルな技術サポートが提供されるため開発のスピードがアップします。」

 

組込みシステム開発者にとってツール選定時における最も重要なポイントは、信頼性および開発者が自身の設計に集中するための多様な機能を提供してくれるかどうかです。Hyundai MobisのエンジニアはArmプロセッサコア搭載のデバイスのファームウェア開発のために最適化されたIAR Embedded Workbench for Armをシステム開発のツールとして採用しました。IARシステムズが提供する迅速でプロフェッショナルな技術サポートはもう一つのアドバンテージです。IARシステムズは優れた技術サポートに加えて高品質のサービスを提供することに非常に努力してくれています。

 

- Hyundai Mobisのサウンドエンジニアリングチーム、エンジニアのコメント -

「リアルタイムにグローバル変数をチェックすることが出来るC-SPY Live Watch機能は組込みシステム開発者が開発作業に集中することを可能にする便利な機能です。これによって開発者はコンバージョン値を確認するためにウィンドウを何度も切り替える必要が無くなるため便利な機能です。更に、詳細にハードウェアおよびソフトウェアをリセットする際にも非常に有用です。これによって開発者はより簡単に、全ての設計段階をチェックしなくてもエラーを確認することが出来るようになります。もう一つ印象的だったのはI-jetエミュレータとC-SPYデバッガを使用したデバッグ中の安定した接続性です。例えターゲットとなるシステムが省電力モードに入ったり、省電力モードから復帰する際にデバッグが中断されても、安定した接続によるデバッグが再開できます。」

 

高度な信頼性が要求されるシステム環境においては、様々な方法によるコード検証が可能であることは非常に重要です。そんな時IAR Embedded Workbenchは、他の無償および有償の開発環境と比較して、よりシームレスでユーザフレンドリなデバッグ環境を提供してくれます。

 

Hyundai Mobis_pic3

様々なC-SPYデバッグウィンドウおよび高信頼性のデバッグ接続性を利用すればリアルタイムのモニタリングが可能になります。

同じ仕様のファームウェアを実装する際に、より高速かつ小さなコードを生成する最適化機能によってメモリ使用効率を最大化できることが、世界中の企業がIAR Embedded Workbenchを選んでいる理由です。

目まぐるしく変わるビジネス環境において、開発者は様々な課題にチャレンジしなければなりません。市場の要求をタイムリーに反映したアプリケーションコードを完全な形で取り入れることが企業向けビジネスを成功させる鍵です。

IARシステムズは、今日の企業および開発者からの要求を満たす機能を取り込んだ統合開発環境(IDE)を提供することによって、あなたのビジネスにおけるアドバンテージの増加に貢献します。

© IAR Systems 1995-2018 - All rights reserved.

当ウェブサイトではユーザ利便性向上のためにCookieを利用しています。サイトの閲覧を継続するためにはCookieの使用について承諾する必要があります。 Cookies